工務店 マイホーム

工務店選びは慎重に

工務店選びは慎重に

家を建てる際にお世話になるのが「工務店」です。
これから何十年と住んでいくマイホームですから、
しっかりと丁寧に建ててもらわないといけません。
ですから、この工務店選びは慎重に行う必要があります。

 

工務店選びのポイントとしては
やはり地元で名の知れている工務店がいいのではないでしょうか。
実績があり、建てる家になるべく近い場所に工務店がある。
何かあった時にすぐに対応してくれるので何かと助かります。

 

また、一貫施工体制の工務店の方が安心できます。
下請けとの連絡ミスや丸投げといったことが頻繁にありますから。

そういうことを言われても素人にはなかなか見抜くことは難しいです。

 

ですから、まずはお願いするかもしれない工務店が決まったら
その工務店が今建てている新築の家をこっそり見に行ってみましょう。
そうすれば、仕事が丁寧かおうかやごみがあふれていないか、
周りへの配慮があるかどかなどがすぐにわかります。

 

中には夕方や夜間にもかかわらずラジオの音をガンガン鳴らして
楽しそうにやっている工務店もあります。
そうするとやはり、完成後住むにあたって
あまりいい印象ではなくなるものです。

 

中にはよくある手抜き工事という工務店も後を絶ちません。
ビー玉を転がしたら勢いよくコロコロ転がる家や、
窓ガラスの強度が弱く、すぐに割れてしまった家。
屋根が薄く、冬になると寒くて凍えそうな家など。
家はそう簡単に直すことはできません。

 

ですから最初の工務店選びというものは
信頼のできるところにお願いすることがよい家をゲットするために
必要不可欠といえるでしょう。

 

お気に入りサイト〜
ヒザ下脱毛インサイト新型アルトエコ


結露防止でマイホームを守る

冬につきものの「結露」。
結露は気温が下がると朝に窓がびしょびしょに濡れている状態のものです。

 

冬は寒いので家の中は暖かく保たれます。
外は朝はグッと冷えます。
室内の暖かい空気が外の冷たい気温で冷やされ
空気に水蒸気が含めなくなり溢れ出し窓に付着します。

 

結露ができると困ることがたくさんあります。
例えばよくあるカビ。
カーテンやベッド、壁などに影響が出ます。
カビはにおいも発します。
その臭いで体調が悪くなることもよくあります。
カビが家の中に発生するとどんどん広がってしまうのです。

 

ですから家を守るためには結露予防対策が大切です。

ホームセンターなどに行けば結露防止グッズがたくさん売られています。
グッズを使って結露を防止するのもいいですが、
毎年毎年購入するとなると手間がかかります。

できることならマイホームを建てる時に何か対策をしておきたいものです。

 

マイホームを建てる際にできる予防策としてはペアガラス。
今では結露防止として断熱効果が高いガラスがあります。
これをするとしないとではかなり違います。

 

断熱工事。
外張り断熱や内断熱など、家を温めることで効果を高めます。

 

二重冊子。
冊子を2枚取り付ける方法。
断熱性を高めて結露を防止します。

最初にこのように予防策をとっておくと結露が出た際の対処が少なくて済みます。

 

カビが生えてからの対処は大変ですから
見積段階でくわえることができる物があれば
一つでもしておくといいでしょう。


 


コンテンツ一覧