マイホーム購入資金

マイホーム購入資金 計画

マイホーム購入資金の計画

マイホームが欲しい。
でも、一番気になるのが資金の問題だ・・・。


そういう人が大半なのではないでしょうか。
マイホームは人生の中でもビッグイベントですから、
計画性をもって進めていかなくてはいけません。

 

マイホームを購入する際に、頭金が必要です。
もちろん、全額すぐに支払える余裕がある人は別ですが・・・。
頭金はいったいどのくらい用意すればいいのでしょうか。

 

頭金とはマイホーム購入の際に購入費の一部を最初に支払うもののことです。
住宅ローンの支払額を少しでも少なくするために
なるべくたくさん用意しておいたほうがいいものです。

 

どうしてかというと住宅ローンの借り入れには金利というものがついてきます。
これはもちろんのことながら、借入金額に応じて
金利の金額が変わってくるのです。

 

ですから借入る金額はなるべく少ないほうがいいのです。
金利だけで年40万円も支払うことになってしまうケースもあります。

 

頭金は金融機関の借り入れのことも考えると
だいたい購入費の20%以上くらいを目安にするといいでしょう。
金融機関の融資はだいたい購入費用の80%くらいといわれています。

 

もちろん、頭金がなくてもマイホームは購入できます。
ですが、全額ローンというのはとても大変です。
ローンを払いながら生活をしていかなくてはいけません。

 

ですから、なるべく頭金を貯めてローンの返済額を減らす方法が理想です。

 

お気に入りサイト〜
タントエグゼジューク


住宅ローンの借入先

マイホームを購入する際に必要なのが購入資金です。
マイホームの購入資金は額が大きいために
住宅ローンを組む人が多いようです。


ですが、その住宅ローンの借入先はいったいどこがいいのでしょうか。

主に都市銀行や地方銀行、信託銀行といった民間の金融機関で
住宅ローンを組む人が多いようです。


また、今ではフラット35も人気があります。

銀行などは金利変動型や固定型などが選べますが、
フラット35は固定型のみです。
金利変動型は1年に2回見直されます。
その時点で金利が安くなることもあれば
高くなることもあります。

また、条件によっては金利のキャンペーンをしていたりということも。


銀行での借り入れにはいろいろな条件がありますから、
まずは窓口で相談するのもいい方法でしょう。

 

他には労働組合という借入先もあります。
勤めている会社が加入している組合です。
これをうまく使うと、金利が優遇されてお得に借り入れられるシステムもあります。

ですから、まずはここの情報を入手するといいでしょう。

 

マイホームの資金の問題は本当に大変です。
毎月の支払額も多く、家計を圧迫してしまうものです。
ですから、なるべく金利が安く、早く返済し終えるようにしたいものです。

 


コンテンツ一覧