持ち家 賃貸

「持ち家」か「賃貸」か

「持ち家」か「賃貸」か

新しく住まいを探す時にまずは決めないといけないのが一戸建てかマンションか。


一戸建てにするなら次に考えることは
「持ち家」にするか「賃貸」にするかという問題。


一戸建てにするという人の理由に多いのは
やはり月々の家賃支払いがもったいないという理由から。
でも、実際に比較してみるとどちらが得なのでしょうか。

 

賃貸の毎月の家賃や更新料を払っている分を
持ち家のローンに回せばいずれは自分の資産になる。
そう思う人が多いようです。


ある調査での話ですが、持ち家はやはり初期費用がかなりかかってしまいます。
諸費用や頭金などのいわゆる住宅ローンです。


そして、毎月くる固定資産税や将来のための修繕費の貯蓄など。
住宅ローンの支払いのことを考えると
50年後には賃貸のほうが得になるというデータがあります。

 

しかし、持ち家はやはり安心感があります。
住宅ローンさえ終わればあとは住むだけです。
ですから老後の住まいの心配がありません。


定年退職後も住宅ローンを支払うケースが近年では増えていますが、
いずれはローンの支払いも終わります。


また、家の内装やリフォームも自由に行えるため持ち家を選ぶ人も多い理由です。

賃貸は住宅ローンのような支払い終了期限というものがありません。

ですから、計画的な貯蓄が必要となります。


ですが、賃貸は住みにくくなれば持ち家と違い、
他への移動が楽にできるという利点もあります。
持ち家を建てたけれど、子供が生まれて大きくなり
思ったよりも手狭になったなんていうケースもよくあります。
そうなれば、持ち家の場合は建坪を増やすことは安易なことではありません。

 

こう考えるとどちらが得でどちらが損か。
それはこれからマイホームを建てる人のライフスタイルや
価値観によって違ってくるのかもしれません。

 

お気に入りサイト〜
インプレッサスポーツ


固定資産税とは

マイホームを持つと固定資産税を納めなければいけません。
この固定資産税とは毎年春から夏ごろの間支払いの通知がきます。


支払い方は一括納税と年4回の分割での支払いかを選ぶことができます。

毎年1月1日に固定資産(土地や家屋など)を所有している人は、
所在する市区町村に所有する固定資産価値にもとずく税金を支払います。

 

しかし、中には条件に応じて軽減措置というものがあり、
固定資産税は2分の1になります。


例えば新築建物の場合、120uまでの部分にはマイホームなら3年間、
3階以上の耐火構造や準耐火構造なら5年間は2分の1になるというものです。

 

固定資産税の算出ですが、いったいどのくらいかかるのでしょうか。
固定資産税の評価額が「固定資産評価証明書」に記載されています。
これに基本的には税率の1.4%をかけたものになります。


評価額は3年に1度の見直しがされます。
建物の耐用年数や物価など。
年々、住んでいくごとに建物の評価額も下がります。

 

例としては土地40坪に建物が30坪ほどで15万円〜16万円という例があります。
もちろんこれはほんの一例で、時価もその時々でかわりますから
一概にはいえません。


マイホームを持つと、建てるだけではなく、維持費もかなりの額がかかりますから、
計画性をもって立てることが必要でしょう。

 


コンテンツ一覧