オール電化 メリットデメリット

オール電化とガス併用のメリット・デメリット

オール電化とガス併用のメリット・デメリット

今からマイホームを建てる人にとって
オール電化にするか、それともガスも併用するか迷うところです。


今はどんどんオール電化推進の流れになっていますが、
はたしてどちらにどんなメリットがあって、
どんなデメリットがあるのか・・・。

 

そこで参考になればと簡単ですが、
それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

まずはオール電化のメリットですが

・火による火災事故防止
・光熱費の一本化で基本料金の節約
・ガス漏れの心配がない
・光熱費の節約
・掃除が簡単

 

デメリットとしては

・火力不足
・タンクスペースの確保
・タンクに貯水するため、衛生的にお湯は飲めません
・電磁波の心配
・調理器具の対応非対応

 

ガス併用のメリットとしては

・直火だから火力が強い
・停電時にもガスコンロが使える
・いつでも瞬時にお湯を沸かせることができる
・調理器具を選ばない(土鍋もOK)
・電磁波の心配がない
・瞬時にお湯が利用できる

 

デメリットとしては

・掃除が大変
・火災の心配
・水蒸気による結露
・排気の問題

 

あげていけばきりがありませんが、ざっとこんな感じでしょうか。

 

どちらにも魅力的なことがあり、
どちらにも気になることがありますね。
周りの人の意見も参考に決めるといいでしょう。

 

お気に入りサイト〜
車買い取り


太陽光発電について

東日本大震災の影響ででしょうか、今太陽光発電システムを取り入れる家庭が多くなりました。
屋根上についているるピカピカ光った鉄板。
あれがそうです。

 

太陽光発電がどうして人気が急上昇してきたのでしょうか。
まずはなんといってもやはり震災の影響でしょう。
自家発電ができるという大きなメリットがあります。
電気やガスのライフラインが途絶えても、
家で電気を作ることができるという大きなメリットがあれば備えになります。

 

また、今では各自治体によって太陽光発電システムの導入補助というものがあります。
これは補助の金額や期間が決まっているので一概には言えませんが、
こういった補助があるうちに利用する人が多いようです。

太陽光発電はその名の通り、日中の太陽の光を利用して電気を作ります。
余った電気があれば、電力会社に売ることができるのです。
晴れの日が多ければ多いほど売れる電気の量が増えるため、

ちょっとした資金が増えるということになります。

 

しかし、デメリットもあります。

 

それはやはり設置費用
自治体の補助があったとしてもやはり高価な買い物になります。
もちろん、この太陽光パネルも永久というものではありません。
いつかは破損してしまいますから、
またその時に修理や買い替えが必要となってきます。
これをどう考えるかでしょう。

 

しかし、今は電力会社の問題やエコの問題などがあり、
原子力だけではなく、それ以外のエネルギー作りが注目されています。
これからどんどんこの太陽光発電は発展していくのではいでしょうか。


コンテンツ一覧